• Git

Gitとは Gitについて調べてみた

Git-rename-branch

とりあえず、会社のエンジニアからGitを導入しろと言われ、ちょっとググったら面倒くさそうだったので放置していたGit…

平行して作業を行ってく上でどうしてもバージョン管理ができないので仕方なしに勉強してみることにします…

そもそもGitってなに?

そもそもGitってなに?ってエンジニアに聞いてもggrksと言われるだけなので

とりあえずWikipediaを引用

git(ギット)は、プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システムである。 Linuxカーネルのソースコード管理に用いるためにリーナス・トーバルズによって開発され、それ以降ほかの多くのプロジェクトで採用されている。

なんかよくわかんないですね…

まぁざっくり言うと作業進捗を共有してバージョン管理ができるということです。

Gitの優れているところはマージ(統合)で、上書きではなく統合することでファイルの変更点のみを反映させるという機能かな~と思います。

※あまり良くわかってないので間違っていたらご指摘下さい。

Gitでバージョンを管理

branching-illustration@2x

Gitを使うと、編集しているファイルの更新履歴をいつでも保存しておくことができるので、編集したファイルを過去の状態に戻したり、差分することでどこの箇所を変更したか確認することができます。

なのでいちいち更新履歴をバックアップする必要がなくてバージョン管理が簡単です!

 

よく編集したファイルを上書きされたり…なんてヒューマンエラーがありますが、

最新でないファイル(古いファイル)を元に編集したファイルが上書きされそうになると

警告がでるので間違って上書きしてしまうミスを減らすことができます。

リポジトリで更新履歴を管理する

Gitではリポジトリで履歴管理をしています。

リポジトリって聞くとなんか難しそう…って感じがしますが、簡単にいうと変更履歴の格納庫みたいな感じでしょうか。

Gitで管理したいディレクトリをリポジトリの管理下におけば、そのディレクトリの更新履歴や新規で追加したファイルを記録することができます!

リモートリポジトリとローカルリポジトリ

git

  1. リモートリポジトリとは、専用のサーバを用意して、サーバ上で複数人で作業進捗を共有するためのリポジトリです。
  2. ローカルリポジトリとは、PC上でファイルの変更履歴を管理するためのリポジトリです。

流れとしては、リモートリポジトリから他の人の作業内容を取得(クローン)して、ローカルリポジトリで更新履歴を管理しながら作業。

リモートリポジトリで作業内容をアップ(プッシュ)といった流れかと思います。

とりあえずまとめ

とりあえずGitを一割も理解していないですが、更新履歴を簡単に管理できて、

作業の進捗を共有できるうえに、間違って上書きなどのあるあるヒューマンエラーを未然に防ぐ機能が盛りだくさんって感じです。

デザインとかコーディングメインなのでちょっと敷居が高いですが、導入すれば、まぁ間違いなく作業効率は上がると思います…

関連記事

  1. Gitの使い方 備忘録